【ゼノンザード】新ベースミニオン8種類追加!デッキ構築の幅が広がりそうな予感。

皆さんこんにちはカピバラです!

今回は「BEYOND」で新しく追加されるベースミニオン8体を紹介したいと思います!

「BEYOND」では新しく追加されるベースミニオンには[配置時]という効果が付いています。

[配置時]とは手札からベースに置かれた時に発動する効果です。

フィールドからベースに移動した時には発動はしません。

ドワーフの闘士

[配置時]このターン中自分が次に召喚する赤のミニオンに[襲撃]を持たせることができます。

なのでコストが高くてBPとDPの高いミニオンでも襲撃を持たせることができますね。

赤のミニオンなら誰にでも「襲撃」を持たせることができるのでなかなか面白いカードだなと思いました。

アヴィアンの忍者

[配置時]に自分のミニオン全てをBP+100します。

火力の底上げにはいいかもしれませんが永続ではないのでどうなのかなと思いました。

アンドロイドの銃士

[配置時]相手のミニオンを1体対象に選んで、このターン中必ずブロックさせることができます。

レスト状態のミニオンを選ぶことはできないと思いますが、相手フィールドにいてほしくない邪魔なミニオンを確実にブロックさせることができるのでこちらのBPが高ければ破壊することができますね。

これはデッキの構築が変わってきそうな気がします。

エルフの剣士

[配置時]に自分の[貫通]を持つミニオンにBP+100とDP+1を持たせることができます。

随分ピンポイントな効果ですがBPとDP両方とも上がるのはなかなか強いなと思います。

特に[貫通]持っててDPが上がるとブロックされてもその分ダメージ通るので優秀なカードだと思います。

スケルトンの獄吏

[配置時]に相手の破壊されたフォースに1つにつき1枚カード引くことができます。

破壊されたフォースなのでできれば序盤から使いたいカードではないですね。

終盤になって相手のフォースが破壊できていて手札が少ない時にきてくれたら嬉しいなって感じですね(笑)

マーメイドの戦士

[配置時]に自分のミニオンを1体ベースに移動させることができます。

マナを加速させることができるのでなかなか強いのではないでしょうか。

早い段階でマナを増やして相手よりも先に高コストのミニオンをフィールドだして有利な盤面を作ることができればいいですね。

ぜひ序盤から欲しいカードですね。

魔術都市の住人

[配置時]レスト状態になってしまいますがトラッシュにあるコスト3以下のマジックカードを手札に加えることができます。

使い終わったマジックをもう1度使うことができますね。

しかも無色なので、どの色のデッキとも組み合わせやすいカードですね。

セントールの狩人

[配置時]に相手のコスト4以下のミニオンをレストさせることがきます。

このカードも無色なのでどの色のデッキとも組み合わせやすそうですが、特にアグロ系のデッキに入れたら良さそうな気がします(笑)

コストは4以下ですが、序盤からガンガン攻めるにはうってつけの効果だなと思いました。

まとめ

新しくベースミニオンが増えることでどのベースミニオンをデッキに入れるのか選択の幅が増えますね。

デッキの構築にも差が出てきそうです。

いろんなデッキが増えることは嬉しいことですが自力でデッキを考えるのにまた一苦労しそうです(笑)

そんな時はAIに丸投げが1番ですね(笑)

始めはAIにデッキを組んでもらいそのあと少しずつ自分で変えていくやり方がデッキを作りやすいのかななんて思いました^^

自分はそのやり方です!

自分で作ったデッキしか使いたくないと思う人もいれば、AIが作ってくれたデッキで戦いたいと言う人もいると思うので、本当に人ぞれぞれなのかなと思いました。

ゲームの楽しみ方は人それぞれですからね(笑)

それではまた〜☆

おすすめの記事