【シャドウバース】第13弾 Rebirth of Glory/ リバース・オブ・グローリー」恋ではなくこれは愛。獣と美女のリメイク!

風に乗る者・エイファ

エイファがリメイクされて帰ってきましたね!

4コスト2/1とスタッツが低めですが疾走を持っていてしかも攻撃されません。

4コストなら2/2でもいい気はしますが、2/1だとスペル使われて簡単に除去されそうな気がします(笑)

やっぱり13弾でドラゴンに追加されるカードはアグロ系のデッキを作らせるように意識して能力の調整をしているんですかね?

説話の伝承

1コストでチョイス先が3枚ありますね。

フォロワーを出すアミュレットか回復してカウントダウンを進めるか相手のフォロワ―を消滅させるかの3択ですね。

このカードにだけ言える話ではないのですが、チョイスは状況に応じてカードを選択できるのでほんとにいい能力だと思います。

個人的にこのカードはかなり強いと思います。

再編の女神・ウルズ

ウルズが帰ってきました!

以前のウルズと似たような効果ですが少し違いがありますね。

今回のウルズは選択したフォロワ―破壊して、このバトル中に破壊されたフォロワーと同名のフォロワーをランダムに1体場に出す。

うまくいけば低コストのフォロワーを破壊して高コストのフォロワ―を出すことができますがランダム要素がかなり強そうですね(笑) 

相性の良さそうなのはネクロで葬送するカードを絞って6ターン目にウルズを使ってタルタロスやハデスなどを出すぐらいでしょうか?

扱うのが少し難しそう。

愛の奇跡

ビューティー&ビーストがリメイクされて帰ってきました!

今回はフォロワ―ではなくてスペルカードですね。

エンハンス6で使うと2枚とも場に出すことができます。

さらにこのカードを含めずに2以上プレイすると+2/+2する。

怒れる森の野獣

スペルが3コストなので3コスト3/2突進持ちと妥当な能力でしょう。

エンハンス6で使うと両方とも出てくるので疾走が付与されて相手のリーダーに攻撃することができますね。

プレイ枚数が2枚以上かつエンハンス6で使うと+2/+2されて疾走もつくのでかなり強いですね(笑)

優しき森の美女

3コスト2/3守護持ちで、野獣がいると必殺が付きますね。

どっちのカードを使うにしても2プレイした後にエンハンス6で使いたいところですね。

しかしカードのイラストがお互いに背中合わせになっているのがすごくいいですね(笑)

まとめ

今回のカード紹介で第13弾に追加されるカードすべてになります!

シャドバがリリースされて3年たつということで、今回は初期のカードがリメイクされて帰ってきたカードが多かったですね。

効果も強くなって以前とは比べ物にならないぐらいにパワーアップしていました(笑)

リリースされるまであと3日です!

とても楽しみですね^^

雑な紹介だったと思いますが見に来ていただきありがとうございましたm(_ _)m

それではまた~☆

おすすめの記事