【あつまれ どうぶつの森】どうぶつの森から新作がスイッチで発売決定!あつまれどうぶつの森!

任天堂からNintendo switch向けの「どうぶつの森」最新作のゲームを発表しました。

発売は2019年内になるとされていましたが正式には2020年3月20日に決定しました。

タイトル名は「あつまれ どうぶつの森」です。

どうぶつの森シリーズでは毎回ゲーム名を短くして(どう森)や(おい森)や(とび森)などと呼ばれていましたが今回は「あつまれ どうぶつの森」ということなので短く呼ぶなら…

熱盛!

…あつ森と呼ばれそうですね(笑)

これは狙いに来ているに違いない(゚Д゚;)

今回の舞台は無人島!

今回の舞台は無人島!今までは○○村に住むどうぶつの住人の世界に訪れてどうぶつ達と生活していくという流れでした。

今回は今までとは一味違って村や街ではなく無人島で生活していくようです。

物語の始まりはタヌキチから無人島移住パッケージを購入しテントを無人島に張るところから始まるようです。

クラフト要素

気をゆすって素材を手に入れたり、手に入れた素材でオノを作ったりなどと様々なクラフト要素があるようです。

クラフトしたオノで木を切って手に入れた素材でまた別のものを作ることができそうですね。

画像ではショボいオノと書いてあるのでクラフトするときに使う素材によって高性能なオノが作れるようになると思います。

今までは道具はタヌキチの店で購入していましたが今作は無人島ということで手作りして道具を作ることができるのでベル(お金)がなくても素材さえあれば簡単に道具を手に入れることができそうですね。

特定の条件を達成するとゲットできる金シリーズの道具がありましたが今作はどんな条件で手に入れられるのか楽しみの一つになりそうです(^^♪

動物たちとの交流もある

もちろん自分一人だけでなく他のどうぶつ達もいるようです。

どうぶつ達から色々とお使いを頼まれたり物々交換したりと今まで同じようにどうぶつ達と交流ができそうですね。

無人島を町に発展させる!?

今作は自分で好きなように道を作ることができるようです。

パレットのようなものを使って緑の地面を茶色の地面に変えています。

最少はテントから始まりますが物語が進むにつれてどうぶつ達が無人島にやってきて家ができだんだんと無人島から村のように発展していくのかなと思います。

もの作り最高(^^)/

最大8人で遊べる?

前作の3DS版では一緒に遊べるプレイヤーは4人まででしたが、画像を見るとプレイヤーらしき人が8人写っています。

この画面からするとおそらく8人で遊べるのかもしれません。

頭に花冠を載せたりバックをしょったりしているので服以外にも今作はアクセサリー機能もありそうです。

自分なりの個性を出してマルチを通していろんな人に自慢のコーデを披露するのも楽しみ要素の一つになりそうですね(^^♪

まとめ

いかかでしたか?

今回は無人島が舞台ということでクラフト要素が大きな特徴の一つなのかなと思いました。

今までと同じようにタヌキチからの高額請求も今回もあるようです(笑)

その中にスマホ代と書いてあるのでもしかするとアプリ版との連携もあるのかもしれません。

発売日が2020年の3月なのでまだまだ時間がかかりそうですね。

もう少しの辛抱です(・ω・)

おすすめの記事