【ゼノンザード】βテストで遊べる内容をまとめてみました!

皆さんこんにちはカピバラです!

ゼノンザードの公式ツイッターからβテストで使用できるカードの色ゲーム画面そしてその他遊べる機能についての新しい情報が公開されました!

ご覧になった方も、そうでない方もおさらいする感じでぜひ最後まで見ていってください!

使用できるカードの色

βテストでは緑色、黄色、赤色、白色、無色の合計5色のカードが使用可能になります。

使えるカードの色については皆さんだいたい予想ができていた事でしょう(笑)

βテストで使えるカードの色は5色です。

デッキ作成画面

1枚目の写真はデッキ作成の画面でしょうか?色ごとにカードが別れていて非常にシンプルで見やすいと思います。マナカーブも表示されていてわかりやすいです。

初めて知ったのですがデッキごとにフォースをあらかじめに決めておくことができるようですね。なぜかわかりませんが試合開始前にフォースを決めるものと思っていました(笑)

2枚目の写真は選んだフォースのライフとプレイヤーのライフをわかりやすく表示してくれていますね。写真のように改めて画像でライフがどのように割り振られているのか目で見て確認できるのはとても助かりますね。

キャラクターと触れ合える!?

画面をタップしたりしてバディAIと触れ合えるということでしょうか?なんにせよこういった風にキャラクターと触れあえる機能があると自分のバディAIとしてより愛着が湧いてきそうですね^^

 Siriの機能と連動みたいな感じで自分が話したことに対してAIが答えてくれたら面白いのにと思いました(笑)まぁ色々と難しいのでしょう、技術面はなんとかなっても大人の事情やらなんやらで…

対戦フィールド

βテストで使用できる対戦ステージは以下の4箇所になります。

  • 炎の国 アグマ
  • 森の国 デメテー
  • 機械の国 マキナス
  • 光の国 カナタナ

βテストでは4箇所で対戦することができますが、製品版のアプリでは4箇所プラス2箇所の計6箇所で対戦をすることができるみたいです。

自分の好きな対戦フィールフドだとなんだかモチベが上がる気がしますよね〜(o^^o)この気持ち共感してくれる人いますか?(笑)

プレイヤー VS OFFICIAL AI

上の2枚の写真を見るかぎり OFFICIALのAI達と戦えるようですね。プレイヤーとOFFICIALのAIとの戦況がグラフ化してわかるようです。

後ろに構えているのがストライオ・ザナクロンでしょうか?手前の4体が OFFICIALのAIのようです。果たして我々人間達がAI達よりも勝率を上回ることができるのでしょうか。皆さん頑張ってAI達を返り討ちにしてやりましょう!

分解と生成

カード分解した時、そして生成するのに必要となるのがスピリットと呼ばれるみたいです。いわば通貨みたいなものですね。

カードをどのように入手するのかが未だ不明ですが、おそらく1パックに何枚か入っているものを購入してカードを増やしていく感じだと思いますがか被ってしまって必要のなくなったカードを分解して持っていないカードを作ることができるってとても助かりますよね(笑)

カードがレアリティごとで光っているとは別でプレミアム的な意味でカード全体が光ってるものがあったらいいな…と密かに期待しています( ̄▽ ̄)

まとめ

以上のことがβテストで遊べる機能になります。2019年4月22日の14時頃からβテストが開始になります。いや〜とても楽しみです!

OFFICIALのAIと戦えると言うことでβテスト期間中に一度はAIに勝ってみたいなと思っています。

試したデッキや使用感など改めてブログでお伝えしていこうと思っていますのでよければまたこのブログへと遊びに来てくださいm(_ _)m

それではまた〜☆

おすすめの記事