【ゼノンザード】βテストの環境を予想してみた

皆さんこんにちはカピバラです!1回目のβテストに当選した方おめでとうございます!自分も当選通知が来た時には宝くじが当たったように喜びました(笑)

惜しくも落選してしまった方は残念でした(;_;)

2回目のβテストには受かるように陰ながら祈っております(´-ω-`)

今回はβテスト版始まってからどんな環境になるのか予想していきたいと思います。

アグロ環境

自分が予想しているのはまず初めにアグロ環境になるのではないかなと思っています。

赤色のカード+緑色のカードで組んだデッキが流行るかと。赤色はトークンを場に出すカードや《襲撃》を持つカードがあるので即効性展開力を生かすことができます。緑色のカードは 「盲目の風読み」メリエルナの効果でマナ加速、ダルティチェロンテの持つ《貫通》とマジックカードのパワーアップルで《貫通》を付与することができます。緑色はマナ加速貫通を生かして強引にライフを削りに行くことができます。

「盲目の風読み」メリエルナの効果でマナ加速をして毎ターンミニオンを場に出せるようにする、そしてマジックカードのパワーアップルやハイプレッシャーでミニオンを強化して攻撃する。中盤にウォレスでバフかけて攻撃してフィニッシュ…といった感じでしょうか。

デッキに合わせるフォースは、混色なので色事故を起こさないためにも「キマイラ」もう一枚はBPの底上げに「サイクロプス」のこの2枚が採用されるのではないかと思います。

とにかく早く攻めれば強いんじゃね?みたいな(笑)

ミッドレンジ環境

「アグロが流行ってる!対策しなくちゃ!」→ミノタウロス!!!

ミノタウロス

これでアグロは死にますね( ̄▽ ̄)

ミノタウロスのフォースの効果はプレイヤーが受けるミニオンからのDPを-1してくれるのでほとんどのアグロはこれで泡を吹くでしょう。

フォースを破壊している余裕はないのでおそらく積みます。ダルティチェロンテとパワーアップルの《貫通》でごり押ししてくると思いますが削りきるのは難しいかなと思います。

デッキ的には単色だったり2色の混色デッキだったり初期デッキを少しいじってβテストから追加されるカードを入れてデッキが流行ると思います。

3色混ぜた特殊なデッキも流行るかもしれませんね(笑)

三枚とも効果強すぎる(笑)

コントロール環境

アグロもミッドレンジも喰らいつくすコントロールデッキ。守って守って最後に攻める、白色+他の色が流行ると思ってます。白色は守りが硬い!フォースが場に存在していると恩恵を得られるカードが多くてフォースを回復してフォースを存続できるカードが数種類あります。数は少ないですがその代わりに全種類3済みすることでしっかりとフォースを回復させて場に残るようにすることができます。フォースを破壊することが厳しいと判断してプレイヤーを攻撃してくると想定して、使用するフォース1枚は確定しています。

ミノタウロス君です。アグロ対策にもなります。

もう1枚は白にプラスするカードとの相性を見て変えていいと思います。

マジックが多いなら「ケイローン」か「フェニックス」。理由としては相手の攻撃を妨害できるように常にマナをアクティブ状態にしておきたい。

黄色のカードを入れるなら「フェニックス」。理由としては《飛来》を持つカードが多いから相手ターンでもマナをアクティブ状態にしておきたいので「フェニックス」がいいかなと思っています。

どのデッキにもターン終了時にマナをアクティブにできる「フェニックス」はいれても強い気がします(笑)

使用したマナがターンを待たずに回復して相手のターンでも行動を起こせることはカードゲームにとって強い動きなんじゃないかなと思ってます。

まとめ

ざっくりとした考えですがあくまでも予想なので他にはこんな感じになるんじゃないと別の考えを思いついた方はぜひ教えてください^^

(アグロ)→(ミッドレンジ)→(コントロール)→(アグロ)この順でぐるぐると回っていくのかなと思っています(笑)

この記事を書いてて思ったんですがデッキとフォースの組み合わせを考えるのがほんとに難しい…

デッキが同じだとしてもフォースが違うだけで戦い方にかなりの違いが出てきます。今後カードの種類が増えてフォースの種類も増えて…と考えるとわくわくと同時にカードの組み合わせを考えると頭がパンクしそうになります(笑)

そのうちデッキ作成も自分が持っているカードの中からAI作ってくれるなんて機能も出てきそう(*'▽')

とはいってもまだカードの種類が多くないので作れるデッキに限りがあると思います。なので練度、運、そして相棒であるAIをいかにうまく育てることができるかが勝敗のポイントではないかなと思ってます。

来るβテスト開始までデッキ考察とカードの効果を熟読しておこうと思います。

それではまた~☆

おすすめの記事